2009.10.04

地域活性活動

久米島応援プロジェクトは、環境保全活動が地域社会の活性化につながることを重要視しています。地域社会の活性化は、経済的なものに限らず、人と人との絆を深めていく世代間や地域外の交流の活性化、さらに、自然や文化的な資源を掘り起こし、地域の「宝」への誇りと愛着を育む精神的な活性化など、様々な活性化の方法があります。とかく生真面目にとらえがちな環境保全ですが、地域の人たちが主体となり、活動を継続し、参加の輪を大きくしていくために、こうした地域活性化の視点が大事だと考えています。

 2010年5月、久米島応援プロジェクトは、久米島でサンゴの大群集が見つかったことを発表しました。実は、古くから久米島の海に潜っている地域の漁業者やダイビング業者の皆さんは沖合にサンゴの大群集があることを知っていました。しかし、それが全国的、学術的に大きな話題となるとは想像していませんでした。地域外との交流によって、地域活性化につながる「宝」が、掘り起こされた一例です。このように、サンゴやクメジマホタルに限らず、久米島の風土の中で、長い年月をかけて培われてきた暮らしの知恵や手業、景観はまだまだあるはずです。久米島応援プロジェクトでは、地域の皆さんが、地域の自然や文化の「宝」を再確認し、次世代に引き継いでいく地域活性化と環境保全活動のお手伝いをしてゆきます。
WWFジャパン 安村

Namizaki091119 (50).jpg
久米島の森と人との関わりについて、地元ガイドさんから聞き取り(2009年11月19日撮影)

DSC00035.JPG
久米島町と、地域活性化を視野に入れた環境保全活動を相互協力する協定書を締結
(2010年5月31日撮影)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。